【14-16時間後】メラトニンの効果

体内時計が分泌を調整している重要なホルモンに
「メラトニン」があります。

目覚めてから14~16時間後に暗い環境下で脳内の松果体細胞から多量に分泌され、「眠らせる効果」と「抗酸化作用」があります。

夜泣きが止まる本 菊池清著

朝日を浴びて規則正しく生活することで、メラトニンの分泌する時間や量が調整され、夜間の睡眠がスムーズにいく可能性が高まります☆

身体の自然な仕組みを最大限に活かして、良質な睡眠を取りましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA