【体験談】夜間ライトが明るすぎて就寝が困難になった話とその解決方法について

 
お兄ちゃんが2歳5ヶ月の時のお話です。

徐々に日本語が上手になり、好きなものだけではなく、苦手なものや、怖いものなどいろんなことを教えてくれるようになりました。

そして、ついに暗闇を怖がる日がやってきたのです。

2歳5か月
お兄ちゃん

真っ暗は怖いから、明るくして!

と、就寝時に電気を欲するようになりました。

この頃、私は小児スリープコンサルタントの資格を取得すべく、睡眠の学習を始めており、数多くの市販の睡眠本も読んでいました。

そのため、「テキスト等で学んだことだ!睡眠本にも書いてあったぞ!」と思い、常夜灯をつけるようにし、寝付いてから消すようにしました。

常夜灯をつけてから一週間・・・

 

1週間ほどはいつも通り寝ていたのですが、だんだん遊ぶようになってしまい、寝かしつけに苦戦する日々が始まりました;_;

当初は「寝れなかったら電気消すよ。めをつむって。」というとちゃんと目をつむってくれましたが、しばらくすると私が何を言っても喜んでしまい、上機嫌でウロウロし、寝室のドアを開け閉めしたり、シーツを剥がしていました。

私が構うと喜んでしまうので、寝たふりをしていたら私が寝落ちしてしまい、気付いた時にもまだ遊んでいる…という日々が続きました。


結局パパが強制的に電気を消し、「目をつむって!」と泣きながら寝かせる日も。
(当時はイヤイヤ期真っただ中、特にパパイヤ!!!なので、普段から「ぱぱいや!あっちいって!」と言うことが多い時期でした笑)


通常20時に寝かしつけ、5-30分でころっと寝ていたところ、常夜灯にしてからは寝付くまでに15-60分かかり、電気を消すと「ギャーン」と泣くように。。


寝つきが悪くなった原因・・・


寝つきがわるくなった原因・・・

それは「明るすぎたこと」でした。
そう、常夜灯では明るすぎるのです。。

常夜灯では絵本の文字などは読めませんが、子供が歩き回れるくらいの明るさがあります。そのため、だんだん暗闇になれた優秀なお目目で部屋を歩き回り、おもちゃの代わりになるものを探して遊んでいたのです…。

これは明るすぎる場合の典型的なパターンでした(笑)


解決方法

 
① ナイトライトを使用する

睡眠本によっては、「暗闇を怖がる時期になったら明かりをつけてよい」と書いてあります。
その場合、使用してよいのは「ナイトライト」です。

授乳時と同様、足元で薄暗く照らすのがベターです。
寝付いたり、ライトを欲しなくなったら、消してしまいましょう。

AMAZONや楽天で「ナイトライト」と検索すると多数掲載されています。

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88+%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88&adgrpid=119778156910&hvadid=492502611526&hvdev=c&hvqmt=b&hvtargid=kwd-306180978161&hydadcr=26041_11391077&jp-ad-ap=0&tag=yahhyd-22&ref=pd_sl_82zwqux9um_b

本当に怖いなら、「星形」や「うさぎ型」の薄暗いナイトライトが販売されておりますので、そちらを使用するのが良さそうです。

ディズニーの物語が投影するもの等、非常に可愛いものもありますが、こちら癖になる+興奮してしまうため止めておいた方が良いです。ねんねの時間とは分けて使用しましょう。

② 安心させるための声がけをする

「大丈夫だよ、ママがいるよ」などとと最小限のコミュニケーションはとり、安心させてあげましょう。
ナイトライトを使用する場合には、「あなたのためのライトだから、もう怖くないよ、これでねんねできるよ。」と声がけしてあげるのもいいですね。

先延ばしするほどギャン泣きが強くなるからNG。早めに。
常夜灯だと明るすぎる。


③ 自分で電気を消させる

・寝室に入る前にお約束し、自分で消させる
・5分くらいはつけてあげ、満足させた上で自分で消させる
どちらか本人の納得度が高い方法をとるといいと思います。

ママやパパが消すと嫌がり、ギャーンとなってしまうので、自分で納得させた上で消させましょう。

 
 

我が家の場合・・・

 

(1日目)
いつも通り、いつもの時間にお布団へ。
「今日から電気消してねんねしようね。自分で電気消そうか!」というと案の定反発(笑)

「3・2・1!で押してみよう!」などと煽てて自分で電気を消させることに成功!

その後、「暗いのは怖い!電気つけて!」というので、「ままが傍にいるから大丈夫だよ!」とハグをしながら30分ほど泣き叫びながら格闘したものの、なんとか入眠。

 

(2日目)
1日目と同様に自分で電気を消させると、「暗いのは怖いー!」ギャーン!!!と泣き叫びながらも、この日は15分で入眠!

あっという間すぎて拍子抜けしました(笑)

 

(3日目)
1・2日目よりもスムーズに電気を消してくれるように。しかも、泣き叫ぶことはなくすんなりお布団の定位置へ。

あれ?泣かないんだ…?と考えているうちに眠った模様。

 

…と、こんな感じで明るすぎる寝室騒動の約3週間が幕を閉じました。。
我が家の大失敗がみなさまのお役に立てば幸いです^^

寝つきが悪いかも?と思ったら、暗くしてみるのも手かもしれません☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA