【5S】ハーヴェイ・カープが提唱する赤ちゃんが泣きやむ5つのスイッチ

生後0-2か月くらいの赤ちゃんをあやす方法を知っていますか?

アメリカのベテラン小児科医・育児専門家の
ハーヴェイ・カープさんの著書
『赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ』からご紹介します。

▼5Sの要素

【Swaddle(おくるみ)】

【Side(横向き)】

【Swing(揺らす)】

【Si-Si(シーシーの音)】

【Sacking(おしゃぶり)】

困ったときにはぜひ試してみてくださいね!

この時期は意味もなく泣き続けることもあります。

おっぱいはあげたし、
おむつも替えたばかり…
気温・湿度も快適…

なのに、顔を真っ赤にしてわんわん泣いちゃう。。

もうなんでー!!!やめてー!!!
と思っていました;_;

でも、そんな時期はあっという間に過ぎていきます。
逆にあの時の泣き顔がもう一回みたいなーと思う時も(笑)

(泣き顔は貴重なので、ムービーを撮っておくこともオススメです!
ムービーを取ることで、冷静になれるかもしれません☆)

泣き止まないからとあまり気負いせず、
周囲の大人で協力しあいながら乗り切れるといいですね。

お困りの際は小児スリープコンサルタントへ相談することも選択肢の一つとして考えてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA